2018/05/01未明にv4.0.2がPTSへ実装されましたが、v4.0.2のパッチノートから個人的に気になった新要素と変更点を抜粋&再構成したものを、メモ書きレベルで以下に記載します。誤訳や誤字・脱字はいつもの事なので、その辺を差し引いて気になる人は参照してください。パッチのファイルサイズは約965MBです。

今回のパッチもBUG修正がメインとなりますが、若干のバランス調整もされており、新しいtrial(試練)でドロップするアイテムセットの大半が仕様変更されています。

新機能/アップデート/大幅な変更

Undaunted Outfit Styles(アンドーンテッドのリスタイル)

  • 今週のPTSでは、グループダンジョンのボスをテーマにしたOutfit Styles(リスタイル)の期間限定テストが実施されており、数日おきに異なるダンジョンのモンスターマスクと肩がリスタイル用のアイテムとしてドロップして、クラウンストアではリスタイル用の武器パック詰め合わせがリリースされる。
  • 曜日によってピックアップされたダンジョンをクリアすると、そのダンジョンに関連したモンスターマスクのリスタイルアイテムがドロップして、鍵を使用して開けたアンドーンテッドの報酬宝箱から肩のリスタイルアイテムがドロップする可能性がある。ベテランハードでクリアすると、モンスターマスクと肩のリスタイルアイテムがドロップする可能性が高くなる。
  • 以下はあくまでPTSの詰め込んだスケジュールになるため、liveサーバに実装する時を想定したものではない。
    • 月曜~水曜(10:00AM ET)
      • Crypt of Hearts(ハーツ墓地)をクリアすると、Ilambris(イランブリス)のマスクをテーマにしたリスタイルのページがドロップする可能性がある。
      • Gilirion the Redbeard(赤髭グリリオン)の報酬宝箱から、イランブリスの肩をテーマにしたリスタイルのページがドロップする可能性がある。
      • クラウンストアでは、イランブリスの武器をテーマにしたリスタイルの詰め合わせが購入できる。
    • 水曜~金曜(10:00AM ET)
      • White-Gold Tower(白金の塔)をクリアすると、Molag Kena(モラグ・キーナ)のマスクをテーマにしたリスタイルのページがドロップする可能性がある。
      • Urgarlag Chief-bane (族長殺しのウルガルラグ)の報酬宝箱から、モラグ・キーナの肩をテーマにしたリスタイルのページがドロップする可能性がある。
      • クラウンストアでは、モラグ・キーナの武器をテーマにしたリスタイルの詰め合わせが購入できる。
    • 金曜~月曜(10:00AM ET)
      • Banished Cells II(追放者の監房2)をクリアすると、Shadowrend(シャドウレンド)のマスクをテーマにしたリスタイルのページがドロップする可能性がある。
      • Maj al-Ragath(マジ・アルラガス)の報酬宝箱から、シャドウレンドの肩をテーマにしたリスタイルのページがドロップする可能性がある。
      • クラウンストアでは、シャドウレンドの武器をテーマにしたリスタイルの詰め合わせが購入できる。

修正及び機能改善

戦闘の調整

  • 全般
    • 全てのライトアタックが与えるダメージを約20%減少
    • 全てのヘビーアタックが与えるダメージを約13%減少
  • BuffsとDebuffs
    • Major Courage / ???(強)
      • 自身と味方へ武器ダメージと呪文ダメージを258増加する、新たに追加されたBuffカテゴリ
      • 現在、Spell Power Cure(呪文攻撃治癒)とVestment of Olorime(オロライムのベスト)のアイテムセットで付与される。

戦闘の修正及び機能改善

  • 全般
    • ウェアウルフと素手攻撃によるライトアタックとヘビーアタックの換算比が、通常アビリティの換算比に合わせて調整されなかった問題を修正
    • 武器を切り替えたりRapid Maneuver(高機動)とその変異を詠唱すると、下馬してしまった問題を修正
    • 雷撃の杖と回復の杖によるヘビーアタックが、敵をターゲットにする前にチャネルを開始したor敵が自分の範囲内に入った場合、ターゲットした敵に対して自動的にチャネリングを開始しなかった問題を修正
  • Nightblade / ナイトブレイド
    • Siphoning / 吸引
      • Malevolent Offering / 害なる捧げ物 ※Update 16: Clockwork CityでAgony(苦痛)から変更されたアビリティ(当BLOGの情報が古い)
        • このアビリティとその変異による自傷ダメージが、パッシブアビリティorアイテムセットのprocで発動した問題を修正
  • Sorcerer / ソーサラー
    • Dark Magic / 闇魔法
      • Restraining Prison / 呪縛の監獄 ※アビリティ効果に関して当BLOGの情報が古い
        • この変異で付与されるMajor Vitality(生命力(強))の持続時間が、ヒットした敵の数に応じて増加しなかった問題を修正
  • Templar / テンプラー
    • Dawn’s Wrath / 暁の憤怒
      • Purifying Light / 浄化の光
        • アビリティの再詠唱orアビリティの影響を受けた敵が死ぬと、この変異による回復効果エリアが発動しなかった問題を修正
  • World / ワールド
    • Vampire / 吸血鬼
      • Mist Form / 深き霧
        • このアビリティとその変異が、移動不可の毒に対して耐性を付与しなかった問題を修正
  • Guild / ギルド
    • Fighters Guild / 戦士ギルド
      • Silver Leash / 拘束の銀矢
        • この変異が、敵を引っ張った後にその敵へCC耐性を付与しなかった問題を修正

アイテムリストの調整

  • アイテムセット
    • 新しいTrial(試練)のアイテムセットの完全バージョンとノーマルバージョンの5セット効果がスタックしなくなった。
    • 以下の試練でドロップするアイテムセットを再設計した。※アイテムセットの記事を更新しています。
      • Mantle of Siroria / シロリアのマント
      • Vestment of Olorime / オロライムのベスト
      • Aegis of Galenwe / レレクエンの腕
      • Aegis of Galanwe / ガレンウェの盾

アイテムリストの修正及び機能改善

  • 全般
    • Harmony(調和)の宝飾特性が、Supernova(スーパーノヴァ)とGravity Crushm(グラビティクラッシュ)のシナジーが与えるダメージを増加していなかった問題を修正
    • Infused(注入)の宝飾特性が、ポーションのクールダウンやマジカコスト削減等のいくつかの付呪効果を、意図していたよりも多く増加していた問題を修正
      • 既知の問題:注入の宝飾特性がこれらの付呪効果のツールチップ情報を更新しないが、注入ボーナスの恩恵自体は反映されている。
    • Precise(正確)の武器特性のツールチップの値が間違っていた問題を修正
  • アイテムセット
    • Daedric Trickery / デイドラの策略
      • このアイテムセットに武器を切り替えると、Major(強)Buffsの付与時にタイマーがリセットされた問題を修正
    • Gryphon’s Ferocity / グリフォンの獰猛
      • Minor Expedition(迅速(弱))が既に付与されていると、このアイテムセットがMinor Force(威力(弱))のbuffを付与しなかった問題を修正

ベースゲーム

  • 同盟戦争&PvP
    • 全般
      • 資源の防御アップグレードの壁再生が間違っていたので削除して、塔再生が有効になるランクを5から1へ移動
      • グループ&アクティビティ検索で、同盟戦争と帝都のリストがfull panel viewsになった(※違いが不明)。
    • バトルグラウンド
      • Arcane University(アルケイン大学)のカオスボールは、15ポイントではなく5ポイントで増えるようになった。
    • アイテムリスト
      • サマーセットのリリース前に取得して、まだ開けていないChampion's Cache(チャンピオンの蓄え)の内容を調整。これは、サマーセットのリリース後に取得するチャンピオンの蓄えに影響はしない。
      • Triune(三位)の宝飾特性が、マジカとスタミナより10%多くの体力を増加するようになった。PTS 4.0.2のツールチップにはまだ反映されない。

その他

  • 以下のモチーフが、Master Writs(マスター依頼)を取得する可能性に貢献するようになった。
    • Apostle / 使徒
    • Bloodforge / ブラッドフォージ
    • Dreadhorn / ドレッドホーン
    • Ebonshadow / エボンシャドウ
    • Fang Lair / 牙の巣
    • Scalecaller / ドラゴンプリースト
    • Worm Cult / 虫の教団
  • ヴァーデンフェル、クロックワーク・シティ、サマーセットのエリアでドロップする家具設計図は、そのエリアに関連付けられた設計図である可能性が高くなった。
  • 持ち家でアイテムを設置する時、それらのアイテムの視覚効果がアイテムと一緒にスムーズに動かなかった長年にわたる不具合を修正