2018/09/18(火)未明に、Public Test Server(PTS)へv4.2.0(Update 20:Murkmire)が実装されました。いつものようにv4.2.0のパッチノートから個人的に気になった新要素と変更点を抜粋&再構成したものを、メモ書きレベルで以下に記載します。誤訳や誤字・脱字はいつもの事なので、その辺を差し引いて気になる人は参照してください。パッチのファイルサイズは約3.1GBです。

新機能/アップデート/大幅な変更

新しいゾーン - Murkmire / マークマイア

  • マークマイアはタムリエルの最南端に位置する海岸に面した湿地帯。アクセスするにはコレクションメニューのDLC: マークマイアから、クエスト「Sunken Treasure / 沈んだ財宝」を引き受けて、リルモスの旅の祠をアンロックする。
  • マークアイア原産の植物は、斬りつける葉や毒ガスを撒き散らすなど攻撃的な動作をする(マジカとスタミナを吸収する、毒ダメージを与える、物理ダメージを与えるなど)。これらの植物へ忍び寄って無効化することで、攻撃しないようにすることができる。
  • 神出鬼没で小さなScuttlebloom(逃げ足の速い観賞植物)を捕らえると、一時的に走る速度が速くなる。更には、ハチミツ、錬金術の獣油や、極稀に家に設置可能な従順なScuttlebloomの家具が入手できる。Scuttlebloomは逃げ足が速く、存在を察知されると危険が去るまで地下に潜ってしまう。
  • PTSでテストできるマークマイアの新しい家は1軒
  • 約75の家具が追加
  • 50以上の実績が追加

Blackrose Prison / ブラックローズ監獄

  • ブラックローズ監獄は、マークマイアにある4人グループ向けのアリーナ
  • アリーナにはノーマルモードとベテランモードがある。
  • マスターやメイルストローム、隔離場の武器と同様に、武器アビリティへ特殊な効果を追加するブラックローズの武器がドロップする。
  • アリーナをクリアすると、以下の報酬が貰える。
    • ユニークなプレイヤースキン
    • いくつかの称号
    • ユニークな家具
  • ブラックローズ監獄をベテランモードでクリアすると、クリアしたプレイヤーはLeaderboards(ランキング)に登録される。

新しいアイテムセット

  • 新しいアイテムセットが12種類追加 (※これらにプラスして、ベースゲームではシロディールのアイテムセットが6種類追加されています)
    • マークマイア全体でドロップするアイテムセットが3種類
    • マークマイアのクラフト台で作成可能なアイテムセットが3種類
    • ブラックローズ監獄で入手可能なアイテムセットが6種類 (無印版と完全版の2種類)

新しい外見アイテムとコレクション品

  • Verdigris Haj Mota pet / 非戦闘ペット「緑青ハジ・モタ」
    • マークマイアの街「Lilmoth / リルモス」に初めて訪れると貰える非戦闘ペット
  • Dream Amulet of Argon memento / 記念品「アルゴンの夢アミュレット」
    • 実績「Hero of Murkmire / マークマイアの英雄」を解除すると貰える記念品
  • Replica of the Xinchei-Konu / ジンチェイ・コヌのレプリカ
    • リルモス北東「ジンチェイ・コヌの記念碑 / Xinchei-Konu Monument」にいる「Jekka-Wass Vozei / ジェッカワス・ヴォゼイ」へ「Xinchei-Konu / ジンチェイ・コヌ」の石版12個全てを届けると貰えるレプリカ
  • Dead-Water Motif / モチーフ「デッドウォーター」
    • マークマイアのデイリークエストを完了することで貰えるクラフトモチーフ
  • Elder Argonian Motif / モチーフ「長老アルゴニアン」
    • 特定の日の後にマークマイアのデイリークエストを完了することで貰えるクラフトモチーフ
  • Drakeeh the Unchained / トロフィー「解き放たれしドラキー」
    • ブラックローズ監獄をクリアすると貰える胸像
  • Drakeeh the Unchained / 胸像「解き放たれしドラキー」
    • ベテランモードのブラックローズ監獄をクリアすると貰える胸像
  • Marshmist Palescale skin / スキン「マーシュミスト・ペールスケイル」
    • ブラックローズ監獄の実績「God of the Gauntlet / 神の試練」を解除すると貰えるスキン
  • 新しい染料「Apricot Outrage」
    • ブラックローズ監獄の実績「Blackrose Prison Vanquisher / ブラックローズ監獄の勝者」を解除すると貰える染料

ベースゲーム

  • シロディールの橋とマイルゲートの破壊
    • シロディールの橋とマイルゲートを破壊や修理ができるようになった。
    • マップに新しいアイコンが追加され、Keeps(砦)のステータス表示と同様に、橋やマイルゲートの現在の状態が詳細に表示される。
    • 橋やマイルゲートは永久的に中立で、全ての陣営に破壊や修理される可能性がある。
    • Siege merchants(攻城兵器商人)が、橋とマイルゲートだけを修理できる新しいRepair Kits(修理キット)を販売するようになった。
    • 橋とマイルゲートを修理してもAP(同盟ポイント)は貰えない。
  • Rewards for the Worthy(功労者報酬)を刷新
    • 功労者報酬からのみ入手可能な新しいアイテムセットが6種類追加。功労者報酬ではこれらのアイテムセットから1つが貰える。
    • 新しいアイテムセットのモチーフは所属している陣営のもので、アイテムのレベルはキャラクターのレベルに調整される。
    • これまで功労者報酬で入手できたアイテムセットは、引き続きシロディールの他の場所で入手ができる。
  • 新しいPvPのコレクション
    • 新しいGladiator Emote(剣闘士の感情表現)が追加
      • シロディールのConquest Mission Board(征服ミッションボード)で引き受けたデイリークエストを完了すると、報酬としてArena Gladiator Proofs(剣闘士の証)が貰える。この剣闘士の証を30個集める。
      • シロディールの本拠地にいるWar Researcher(戦争研究者)から、10,000 AP(同盟ポイント)でArena Gladiator's Mockeryを購入する。
      • 剣闘士の証 x 30個 + Arena Gladiator's Mockery x 1個をインベントリに用意してArena Gladiator's Mockeryをダブルクリックするとルーンボックスが入手できる。
        ※剣と盾の装備時が一番かっこよい/gladiatortaunt
  • キャラクターの並べ替え
    • キャラクター選択画面でキャラクターの項目をドラッグ&ドロップするか、キャラクターの項目の右にある上下のボタンをクリックすることで、キャラクターの並べ替えができるようになった。
  • ハウジングエディターのアップデート
    • ハウジングエディターをアップデートして、変更履歴の表示や、変更を元に戻したりやり直すことができるようになった。また、家具を互いにリンクさせることで、家具を同時に移動して調整することができるようになった。
      • 家の所有者と装飾者は、現在の変更セッションから最大200の変更を元に戻す(あるいはやり直す)ことができる。これには最後に行ったいくつかの変更内容を表示する履歴機能が含まれているため、変更を元に戻す(あるいはやり直す)際に何を変更したかが分かるようになっている。
      • ハウジングエディタで家具(親)にカーソルを合わせて、新規に追加された「Link / リンク」ボタンをクリックすると、選択した家具へ最大50の家具(子)をリンクすることが可能になり、家具(親)を移動するとリンクした全ての家具(子)を一緒に移動させることができる。
        • 例えば、テーブルを選択して近くの椅子をリンクすると、テーブルの移動で椅子も一緒に移動する。テーブルに影響を与えずに椅子だけを単独で動かすことも可能なので、細かい調整のためにわざわざリンクを解除して再リンクする必要はない。
        • ある家具グループを別の家具グループへリンクさせることも可能。テーブルの上に設置した家具類をグループ化して、それらの家具類をテーブルにリンクすることでテーブルと一緒に移動することもできるが、個別に変更することもできる。
        • ハウジングエディタで家具(親)を選択すると、その家具にリンクされた全ての家具(子)を簡単に見分けられるように色分けされる。家具(子)を選択した場合は、家具(親)が色分けされる。
      • プレイヤー所有の持ち家で死んでも、装備品の耐久が低下しなくなった。
      • 邸宅に設置できるコレクション家具の上限数を50から55に増加。ESO Plus会員の場合は2倍の110
  • 新しいクラフトモチーフの追加
    • 今回のPTSサイクルではテスト用にいくつかの新しいクラフトモチーフを導入しているが、マークマイアリリース時には1つだけが実装され、残りのものはそのうち実装される予定
      • Dead-Water / デッドウォーター
        • マークマイアのリリース時に実装されるモチーフで、デイリークエスト(ソロ向けダンジョン、村、ワールドボスの討伐)の完了報酬でたまに章がドロップする。
        • スタイル素材の「Crocodile Leather / クロコダイル革」は、同じ完了報酬から入手ができる。
      • Elder Argonian / 長老アルゴニアン
        • 年明けから利用可能になる予定。デッドウォーターのモチーフと同様に、デイリークエスト(ソロ向けダンジョン、村、ワールドボスの討伐)の完了報酬でたまに章がドロップする。
        • スタイル素材の「Hackwing Plumage / ハックウィングの羽毛」は、同じ完了報酬から入手ができる。
      • Silver Dawn / 銀なる暁
        • マークマイアのリリース後、今年後半に利用可能になる予定。4人グループ向けダンジョン「Moon Hunter Keep / 月狩人の砦」のクリア報酬から章がドロップして、ダンジョンの難易度が高くなるほどドロップ率が高くなり、ベテランハードモードではドロップが保障される。
        • スタイル素材の「Argent Pelt / 銀の皮」は、月狩人の砦のボスを殺すとドロップ。ノーマルモードよりベテランモードの方がドロップ率が高い。
      • Huntsman / ハンツマン
        • 2019年Q1に利用可能になる予定。4人グループ向けダンジョン「March of Sacrifices / マーチ・オブ・サクリファイス」のクリア報酬から章がドロップして、ダンジョンの難易度が高くなるほどドロップ率が高くなり、ベテランハードモードではドロップが保障される。
        • スタイル素材の「Bloodscent Dew / ブラッドセントの露」は、マーチ・オブ・サクリファイスのボスを殺すとドロップ。ノーマルモードよりベテランモードの方がドロップ率が高い。
  • ESO Plusの改善
    • 2018/11/13(火)にESO Plusのアップデートを行い、ESO Plus会員は更なるメリットを享受できるようになる。詳細はDMMさんのサイトで確認
      • 今回のPTSサイクルでは、特別割引で購入可能なアイテムや機能のいくつかをテストする。テストするにはESO Plus会員である必要があり、表示されている割引アイテムはテスト用のもので、liveサーバ実装時のものではない点に注意。これらの変更に伴い、クラウンストアのESO Plusセクションを更新
        • クラウンストアへ「ESO Plus」タブを追加
        • ESO Plus会員向けのすべてのアクティブな取引を一ヶ所に集約した「ESO Plus Deals」ページを追加
        • ESO Plusメンバーシップのページレイアウトを更新
  • Indrik(インドリク)が欲しい?
    • 今回のPTSサイクルでは、今後予定されているゲーム内ベントへの参加で入手可能なアイテムを垣間見ることが可能で、今後数週間で全体の流れをテストできる機会が設けられる予定
      • Nascent Indrik mountを入手するヒント - この騎乗動物は無料でゲーム内でのみ入手が可能
        • 特定のゲーム内イベントに参加してイベントチケットを入手する。
        • NPCのThe Impresario(支配人)が様々な種類のIndrik feathers(インドリクの羽)を販売しているので、イベントチケットと交換する。
        • 4種類のインドリクの羽を全て集めると、Indrikを召喚する儀式が行える。
          ※イベントチケットについては、ここに記載しています。
        • Nascent Indrikは、後に異なる「Adult」へ進化させることが可能。進化させるには、支配人から入手できる特定の「Enchanted Berries」が必要になる。
          ※インドリクの画像は、お馴染みのelderscrolls.netさんからの流用です。Onyx IndrikPure-Snow Indrikなんかへ進化させられるようですね。
  • チャンピオンポイント
    • チャンピオンポイントのキャップを 30 増加して(各星座毎に 10 増加)、現在の 780 から 810 に引き上げ。チャンピオンポイントの獲得に必要な経験値曲線は新しいキャップで調整されるため、今までのチャンピオンポイントをより少ない経験値で早く獲得ができるようになっている。
  • MacOS Mojaveサポートのため、Macの最小構成の仕様を更新

修正及び機能改善

戦闘とアビリティ

  • 全般
    • ロール回避と投射物の相互作用をアップデート
      • 投射物が生成された時点でターゲットがロール回避すると、常に投射物が回避できた問題を修正
      • 投射物の影響を受ける1秒前以内にロール回避した場合のみ、ロール回避で投射物が避けられるようになった。
    • すべてのダメージシールドの動作をアップデート
      • ダメージシールドをはった敵へクリティカルダメージを与えられるようになった。
      • 受けるダメージをダメージシールドで吸収する前に、呪文耐性と物理耐性が受けるダメージを軽減するようになった。
      • ライトアタック、ヘビーアタック、または武器アビリティによって与えたダメージがダメージシールドで完全に吸収された場合でも、毒と武器の付呪が発動するようになった。
    • 毒と武器の付呪に関するいくつかの問題を修正
      • ライトアタック、ヘビーアタック、または武器アビリティでダメージを与えると、すべての毒が20%の確率で正しく発動するようになった。
      • 毒を武器にセットした状態で食べ物と飲み物を消費した場合、食べ物と飲み物が正しいステータスボーナスを与えるようになった。
      • ライトアタック、ヘビーアタック、または武器アビリティでダメージを与えると、(クールダウン中でなければ)すべての武器の付呪が100%の確率で正しく発動するようになった。
      • 二刀流で武器アビリティを詠唱すると、いずれかの武器の付呪が発動するようになった。このシステムは、クールダウン中ではない武器の付呪を優先して発動する。
    • これまでにすべてのキャラクターが持っていた呪文貫通力100と物理貫通力100のベースラインを削除した。
    • Break Free(打破)のアビリティとCC耐性のbuffをリファクタリングして、これらのメカニックの整合性と信頼性を向上した。
    • スタミナビルドのスキルアドバイザーの大半を更新して、Trap Beast(獣罠)アビリティをレベル後半で提案するようにした。
    • 戦闘中に、アビリティバーへアビリティの追加や削除ができた問題を修正
    • いくつかの移動速度ボーナスが互いに加算されなかった問題を修正。この不具合により、それらが一緒に使用された時に、移動速度の合計に極僅かな不一致が生じていた。
    • 文法、スペル、書式、正確さのために、数多くのアビリティのツールチップを修正
    • DoTダメージを受けながら乗馬すると、乗馬や武器の切り替えができなくなった問題を修正
  • BuffsとDebuffs
    • Minor/Major Evasion / 回避(弱/強)
      • これらのbuffsは回避する確率を増加しなくなり、AoE(範囲)攻撃から受けるダメージを5%/25%減少するように変更
      • 今までにこれらのbuffが付与されたすべてのアビリティは新しい効果に変換され、Blade Cloak(刃のクローク)はMajor Evasion(回避(強))が付与されるようになった。
    • Major Expedition / 迅速(強)
      • このbuffの視覚効果が詠唱者にしか見えなかった問題を修正
    • Minor Sorcery / 魔術(弱)
      • 呪文ダメージのボーナスを5%から10%に増加
    • Minor Brutality / 残忍(弱)
      • 武器ダメージのボーナスを5%から10%に増加
    • Minor Prophecy / 予言(弱)
      • 呪文クリティカルの発生率を3%から6%に増加
    • Minor Savagery / 獰猛(弱)
      • 武器クリティカルの発生率を3%から6%に増加
  • Dragonknight / ドラゴンナイト
    • Ardent Flame / 熾烈なる炎
      • Lava Whip / 溶岩のムチ
        • このアビリティの射程距離を8メートルから5メートルに減少
      • Flame Lash / 炎の鞭打
        • Power Lash(力の鞭打)の特殊攻撃から気絶を削除
        • 力の鞭打のコストが無料ではなくなり、炎の鞭打の半分のマジカコストが必要になった。
      • World in Ruin / 滅びの世界
        • このパッシブアビリティは、毒の範囲効果(AoE)ダメージを3%/6%増加しなくなり、すべての毒アビリティのスタミナコストを12%/25%削減するようになった。
        • 炎の範囲効果(AoE)ダメージボーナスに関しては変更なし
    • Draconic Power / 龍族の力
      • Dragon Leap / ドラゴンの跳躍
        • このアビリティとTake Flight(飛翔)の変異がランクアップしても能力が向上しなかった問題を修正
      • Hardened Armor / 高硬化鎧
        • この変異によるダメージシールドの持続時間を2.5秒から6秒に増加
      • Elder Dragon / エルダー・ドラゴン
        • このパッシブアビリティは、体力の回復速度増加ボーナスに加えて、すべての即時詠唱タイプの近接攻撃アビリティの射程距離をランク毎に1メートル増加するようになった。
    • Earthen Heart / 大いなる大地
      • Igneous Weapon / 火成の武器
        • この変異がランクアップしても能力が向上しなかった問題を修正
      • Obsidian Shield / 黒曜石の盾
        • このアビリティとその変異によるダメージシールドの強度を、詠唱者の体力最大値の10%から9%に減少
      • Fragmented Shield / 破砕する盾
        • この変異を再詠唱してもダメージシールドの値が完全に更新されなかった問題を修正
      • Ash Cloud / 灰の雲
        • このアビリティによる回復効果を約50%増加
      • Cinder Storm / 噴石の嵐
        • この変異による回復効果を約60%増加
      • Eruption / 噴火
        • 最初に与えるダメージを約15%増加して、DoTダメージを約70%増加
  • Nightblade / ナイトブレイド
    • Assassination / 暗殺
      • Assassin’s Blade / アサシンブレイド
        • このアビリティとその変異のコストを約30%増加
      • Piercing Mark / 洞察の印
        • 探知効果の持続時間を30秒から5秒に減少
        • Major Fracture(破砕(強))とMajor Breach(侵害(強))の持続時間に変更はなし
      • Grim Focus / 冷酷な集中力
        • フルチャージしたヘビーアタックは、このアビリティとその変異で発動するspectral bow at(形なき弓)へ2回ヒット分のカウントを与えるようになった。
        • 形なき弓のコストが無料ではなくなり、冷酷な集中力の半分のコストが必要になった。
        • 形なき弓の発動ヒット数を、意図しない方法でカウントアップさせる可能性があった問題を修正
    • Shadow / 影
      • Consuming Darkness / 覆い尽くす闇
        • このアビリティとその変異がランクアップしても能力が向上しなかった問題を修正して、ランク毎に持続時間が0.5秒増加するようになった。
      • Path of Darkness / 闇の回廊
        • このアビリティは敵へダメージを与えなくなった。
        • 対象エリアにいる自身と味方へMajor Expedition(迅速(強))が付与され、エリアから離れても最長2秒まで効果が持続するようになった。
      • Twisting Path / ねじれた回廊
        • この変異は敵へダメージを与える。与えるダメージ値は、現在のliveサーバと同じ。
      • Refreshing Path / 回復の回廊
        • この変異は味方を回復する。回復する値は、ねじれた回廊が与えるダメージ値を同じ。
    • Siphoning / 吸引
      • Strife / 闘争
        • このアビリティは敵へ与えるダメージが半分になるが、与えたダメージの50%に相当する体力が回復するようになり、自身または味方が回復の対象になる。以前と総回復量に変更はなし。
      • Funnel Health / 体力拡散
        • この変異は味方に追加して詠唱者を常に回復するようになる。
      • Swallow Soul / 魂丸呑み
        • この変異は敵へ与えるダメージが2倍になるが、回復する体力が与えたダメージの35%相当になり、自身しか回復の対象にならない。Minor Vitality(生命力(弱))のパッシブを削除した。
      • Siphoning Strikes / 吸収攻撃
        • フルチャージしたヘビーアタックは、このアビリティとその変異で回復する体力とリソースの量が2倍になるようになった。
      • Power Extraction / 力の強奪
        • この変異によるダメージを約25%増加
  • Sorcerer / ソーサラー
    • Dark Magic / 闇魔法
      • Crystal Fragments / 水晶の断片
        • アビリティがprocして即時詠唱可能になると、アビリティバーのアイコンが変更されるようになった。
        • 即時詠唱のprocを使用するとブロックが中断され、他の行動が0.2秒間できなくなった問題を修正
      • Rune Prison / ルーンの監獄
        • このアビリティとその変異は、1.2秒後にターゲットを気絶させるようになった。
        • この効果を示すため、新しい視覚効果がターゲットに表示されるようになった。
        • この効果の最初の適用は回避できないが、ターゲットが1.2秒後に回避すると気絶を免れるようになる。
        • 気絶の持続時間を2秒から3秒に増加
      • Rune Cage / ルーンの檻
        • ターゲットが気絶をCC解除できなかった場合に与えるダメージを約22%増加
      • Dark Exchange / 闇との取引
        • このアビリティとその変異は即座にリソースの半分を回復して、残りの半分は20秒かけて回復するようになった。
        • リソースの総回復量を約2%増加。体力の回復量に変更はなし。
      • Dark Deal / 闇との密約
        • 変異効果としてコスト削減ボーナスが追加
    • Daedric Summoning / デイドラ召喚
      • Summon Unstable Familiar / 無常なる使い魔を召喚
        • このアビリティとSummon Volatile Familiar(獰猛な使い魔を召喚)の変異による特殊攻撃のコストを約15%削減
      • Summon Unstable Clannfear / 無常なるクランフィアを召喚
        • この変異による特殊攻撃のコストを約33%削減
      • Daedric Prey / デイドラの獲物
        • この変異のコストを約20%削減
      • Summon Twilight Tormentor / 黄昏の拷問者の召喚
        • この変異による特殊攻撃のコストを約15%削減
      • Conjured Ward / 結界召喚
        • 今までは即時詠唱であったが、このアビリティとのその変異は1秒の詠唱時間が必要になった。
        • このアビリティとHardened Ward(高硬化結界)の変異の持続時間を6秒から9秒に増加
      • Empowered Ward / 強化結界
        • この変異の持続時間を9秒から14秒に増加
      • Bound Armor / 魔力の鎧
        • このアビリティとその変異によるブロックで緩和するダメージ量ボーナスを20%から36%に増加
    • Storm Calling / 嵐の召喚
      • Overload / オーバーロード
        • このアビリティとその変異を発動しても、3つ目のアビリティバーが付与されなくなった。
        • このアビリティを発動中でも武器アビリティが使用できるようになり、隠されなくなった。
        • このアビリティが発動中は、あらゆるUltimate(アルティマ)が獲得できなくなった。
        • 今までは発動に75のアルティマが必要であったが、25以上のアルティマで発動できるようになった。
        • ライトアタックとヘビーアタックがグローバルクールダウンから外されたので、他のアビリティに織り込んで使用できるようになった。
        • ライトアタックのダメージを約50%減少
        • ヘビーアタックのダメージを約60%増加
      • Power Overload / パワーオーバーロード
        • この変異は、ライトアタックとヘビーアタックのボーナス射程距離と範囲を指定するようになった。
      • Mage's Fury / 魔術師の激昂
        • このアビリティが死体に詠唱できた問題を修正
        • ターゲットの体力が20%以下になった時に、処刑の爆発がたまに正しく発動しなかった問題を修正
        • このアビリティを詠唱すると、実際にダメージを与える前にモンスターと戦闘状態になった問題を修正
        • 視線が合っていないターゲットに対して、このアビリティが詠唱できた問題を修正
        • このアビリティがExpert Mage(熟練の魔術師)のパッシブにカウントされていなかった問題を修正
  • Templar / テンプラー
    • Aedric Spear / エドラの槍
      • Empowering Sweep / 強化薙ぎ払い
        • この変異は魔法ダメージではなく物理ダメージを与えるようになった。また、Major Protection(防護(強))が6秒間付与され、攻撃がヒットした敵の数毎に持続時間が1秒追加されるようになった。
      • Crescent Sweep / 三日月薙ぎ払い
        • この変異は物理ダメージではなく魔法ダメージを与えるようになった。
      • Puncturing Strikes / 穿刺攻撃
        • このアビリティとその変異で最も近いターゲットに与えるダメージだけ約8%増加
        • このアビリティとその変異でチャネリング中、キャラクターは常にプレイヤーの照準に合わせて効果範囲の向きを合わせるようになった。これにより、移動不可状態のときでも敵に向きを合わせてダメージを与えることができるようになった。
      • Binding Javelin / 束縛ジャベリン
        • この変異は、敵をノックバックさせるのではなくノックダウンさせるようになった。
      • Spear Shards / 槍の雨
        • このアビリティとLuminous Shards(光る雨)の変異で与えるダメージを約67%増加
      • Blazing Spear / 目くらましの雨
        • このアビリティで与えるダメージを約60%増加
      • Blazing Shield / まばゆい盾
        • この変異を詠唱すると、自身の周囲にいた中立的なモンスターと戦闘状態になった問題を修正
      • Spear Wall / 槍の壁
        • エドラの槍のアビリティを詠唱後、このパッシブアビリティがMinor Protection(防護(弱))を付与するようになった。
  • Dawn's Wrath / 暁の憤怒
    • Backlash / バックラッシュ
      • このアビリティとその変異のコストを約5%増加
    • Radiant Destruction / 破滅の光
      • このアビリティとその変異のチャネル時間を2.8秒から1.8秒に減少して、与えるダメージを約15%減少、コストを約35%削減した。1秒毎に与える総ダメージとコストは相対的に変化なし。
  • Restoring Light / 回復の光輝
    • Repentance / 懺悔
      • 異なるテンプラーが同じ死体からリソースを回復できるようになった。
    • Rune Focus / ルーンフォーカス
      • Channeled Focus(チャネルフォーカス)の変異に合わせてコストを削減
    • Restoring Focus / 回復フォーカス
      • この変異はスタミナコストが必要になり、スタミナを毎秒回復するようになったが、Minor Vitality(生命力(弱))とMinor Protection(防護(弱))は付与されなくなった。
  • Warden / ウォーデン
    • Animal Companions / 獣王
      • Feral Guardian / 野生の守護者
        • このアビリティとその変異で召喚した熊が与えるダメージを約30%減少
      • Cutting Dive / 八つ裂きダイブ
        • この変異の効果としてスタミナコストを削減
      • Screaming Cliff Racer / 絶叫ダイブ
        • この変異で15%の追加ダメージボーナスの一部を得るための最小射程距離は必要とされなくなった。ターゲットとの距離が1メートル離れる毎に与えるダメージが1%増加して、最大15%まで増加する。
      • Scorch / 灼熱
        • このアビリティとその変異のコストを約25%削減
      • Swarm / フェッチャー大群
        • このアビリティとその変異のコストを約30%増加
      • Betty Netch / ベティー・ネッチ
        • このアビリティとその変異で回復するリソースの量を約60%増加
        • このアビリティまたはその変異を再詠唱した際に、ビームの視覚効果が表示されなかった問題を修正
      • Falcon’s Swiftness / ハヤブサ神速
        • 隠れていても、このアビリティとその変異の視覚効果の一部が敵に見えていた問題を修正
        Deceptive Predator / 欺きの捕食者
        • この変異をスロットにセットしていると、常にMinor Evasion(回避(弱))が付与されるようになった。この変異は、アクティブなMajor Expedition(迅速(強))とMajor Endurance(耐久(強))の持続時間を増加しなくなった。
      • Bird of Prey / 猛禽
        • この変異をスロットにセットしていると、常にMinor Berserk(狂戦士(弱))が付与されるようになった。
      • Advanced Species / 優性種
        • スロットにセットした獣王アビリティの数毎に敵へ与えるダメージのボーナスを、ランク2で2%から3%に増加
    • Green Balance / 緑との調和
      • Nature’s Grasp / 慰めの緑
        • このアビリティが、召喚した野生の守護者とその変異をターゲットにできるようになった。
      • Maturation / 成熟
        • このパッシブアビリティで付与されるMinor Toughness(頑強(弱))は、ターゲットが完全に回復していた場合でも適用されるようになった。持続時間が5秒/10秒から10秒/20秒に増加
    • Winter's Embrace / 冬の抱擁
      • Impaling Shards / 貫く氷片
        • このアビリティとその変異の視覚効果が、全持続時間にわたって効果が持続しなかった問題を修正
      • Arctic Blast / アークティック・ブラスト
        • この変異は詠唱者を回復することに加えて、ターゲットを気絶させる投射物を発射するようになった。
        • アビリティを詠唱するには敵のターゲットが必要になった。
        • このアビリティは、詠唱者の体力最大値に基づいたDoTダメージを与えなくなった。
  • Weapon / 武器
    • Dual Wield / 二刀流
      • Blade Cloak / 刃のクローク
        • このアビリティとその変異は、Major Evasion(回避(強))を付与するようになった。
    • Bow / 弓術
      • Scatter Shot / 乱れ撃ち
        • このアビリティとその変異の射程距離を、10メートルから28メートルに増加
      • Acid Spray / 酸の矢散布
        • この変異によるDoTダメージが、Shadow Cloak(シャドウクローク)の透明化を破壊していた問題を修正
    • Destruction Staff / 攻撃の杖
      • Impulse / 衝撃
        • このアビリティとその変異が与えるダメージを約25%増加
  • Armor / 防御
    • Light Armor / 軽装鎧
      • Annulment / 魔力無効
        • 今までは即時詠唱であったが、このアビリティとのその変異は1秒の詠唱時間が必要になった。
        • ダメージシールドの持続時間を6秒から9秒に増加
      • Recovery / 再生
        • このパッシブアビリティをGraceにリネーム
        • このパッシブアビリティの旧効果はEvocation(降霊)に統合された。
        • このパッシブアビリティは、装備している軽装鎧1部位につき適用された移動速度低下のdebuff効果を1%/2%/4%減少するようになった。
        • 追加で、装備している軽装鎧1部位につきSprint(疾走)のコストを1%/2%/3%削減するようになった。
      • Evocation / 降霊
        • このアビリティは、装備している軽装鎧1部位につきマジカの回復速度を2%/4%増加するようになった。
        • 追加で、装備している軽装鎧1部位につきマジカアビリティのコストを1%/2%削減する。
    • Medium Armor / 中装鎧
      • Agility / 敏捷
        • このパッシブアビリティの武器ダメージボーナスを6%/12%から7%/15%に増加
  • World / ワールド
    • Werewolf / ウェアウルフ
      • Werewolf Transformation / ウェアウルフ化
        • 新しいゾーンへ入ると、このアビリティとその変異による変身が解除された問題を修正
      • Pack Leader / ウルフパック
        • 敵に対してヘビーアタックを使用しても、ダイアウルフがその敵をターゲットにしなかった問題を修正
      • Devour / 貪る
        • 異なるウェアウルフが同じ死体を貪ることができるようになった。
      • Savage Strength / 凶暴な力
        • このパッシブアビリティが、呪文耐性と物理耐性を増加しなかった問題を修正
  • Guild / ギルド
    • Fighters Guild / 戦士ギルド
      • Silver Leash / 拘束の銀矢
        • 沈黙状態時にこの変異が詠唱できなかった問題を修正
    • Psijic Order / サイジック
      • Imbue Weapon / 武器注入
        • このアビリティとCrushing Weapon(武器圧搾)の変異のコストを5%削減
      • Elemental Weapon / 属性武器
        • この変異のコストを10%増加
    • Undaunted / アンドーンテッド
      • Inner Beast / 内なる獣
        • 沈黙状態時にこの変異が詠唱できなかった問題を修正
    • Alliance War / 同盟戦争
      • Assault / 襲撃戦術
        • War Horn / 戦いの角笛
          • このアビリティとその変異がMinor Toughness(頑強(弱))を付与しなくなった。
        • Reach / リーチ
          • このパッシブアビリティは、28メートル以上の射程距離を持ったアビリティのみに影響するようになった(今までは15メートル以上)。
  • チャンピオン・システム
    • Mage / 魔術師
      • The Apprentice / 見習い
        • Spell Precision / 呪文精度
          • 付与される呪文クリティカルの発生率を12%から9%に減少
      • The Ritual / 儀式
        • Perfect Strike / 完璧なる打撃
          • 付与される武器クリティカルの発生率を12%から9%に減少
    • Thief / 盗賊
      • The Shadow / 影
        • Befoul / 汚染
          • この星座にポイントを割り当てても、いくつかのMajor defile(汚染(強))とMinor defile(汚染(弱))のアビリティのツールチップが更新されなかった問題を修正

アイテムリストの修正及び機能改善

  • 全般
    • 装備すると譲渡不可の武器を武器バーのセカンダリ側に装備した場合、武器をそのバーに切り替えないと譲渡不可にならなかった問題を修正
    • ターゲットのマジカまたはスタミナのコストを30%増加させる毒の効果を10%に減少
  • グリフ
    • Absorb Stamina / スタミナ吸収
      • このグリフは、魔法ダメージではなくスタミナダメージを与えるようになった。
    • Crusher / 粉砕
      • このグリフは、常にターゲットの最も高い値のdebuffを優先するようになった。低い値の粉砕付呪のprocは、高い値のものを上書きできない。
    • Weakening / 衰弱
      • このグリフは、常にターゲットの最も高い値のdebuffを優先するようになった。低い値の衰弱付呪のprocは、高い値のものを上書きできない。
  • アイテムセット
    • 行う回復を増加するアイテムセットを装備しても、回復アビリティのツールチップが更新されなかった問題を修正
    • Affliction / 感染者
      • このアイテムセットによるダメージが、ターゲットの物理耐性ではなく呪文耐性で軽減されていた問題を修正
    • Powerful Assault / 強襲者
      • このアイテムセットによるprocが、グループメンバーのみに適用された問題を修正
    • Jorvuld’s Guidance / ジョルバルドの導き
      • このアイテムセットが、Major Protection(防護(強))の持続時間を増加しなかった問題を修正
    • Vestment of Olorime / オロライムのベスト
      • いくつかのプレイヤーアビリティとダンジョンのボスのシナジーが、このアイテムセットのセット効果を間違って発動させた問題を修正
    • Maw of the Infernal / 業火のモー
      • デイドロスのファイアブレスのダメージ範囲が視覚効果の範囲より小さかった問題を修正
    • Pirate Skeleton / 海賊スケルトン
      • ジョルバルドの導きのアイテムセットを装備している場合、このアイテムセットによる見た目の変化が最後まで持続しなかった問題を修正
      Thurvokun / サーヴォクン
      • Minor Defile(汚染(弱))のdebuffを敵に適用しても、受ける回復効果を減少させるだけで体力の回復速度を減少させなかった問題を修正
    • Vykosa / ヴィコサ
      • ターゲットがアイテムセットのTormentor(拷問者)で挑発されていた場合、このアイテムセットのMajor Maim(不自由(強))が発動しなかった問題を修正

同盟戦争&PvP

  • 全般
    • Niben River(ニベン川)は様々な場所で僅かに幅が広くなり、安全な海岸線は取り除かれた。
    • 新しい建造物や建造物が設置された場所に以前あった多くのクラフト素材が移動された。
    • Slaughterfish(スローターフィッシュ)によるダメージが2倍になった。
    • Lunarfang Docks破壊不可能な浮桟橋を追加
    • アルドメリ地域へ繋がるWeynon Priory(ウェイノン修道院)の南と、ダガーフォール地域へ繋がるKingscrest Keep(キングスクレスト砦)の西新しいトンネルを追加
      ※上記の3つが抜け道です。
    • Bravil(ブラヴィル)とNiben Bay(ニベン湾)の近くに新しい釣り場を追加して、ブラヴィルの北側の釣り場を移動した。
    • Chalman Keep(チャルマン砦)の本を、ジマーロン大将軍の机に移動
    • Bruma(ブルーマ)の街の衛兵は、陣営の衛兵を攻撃しなくなった。
  • アイテムリスト
    • 年央の騒乱の期間中、シロディールの3つのチュートリアルクエストでペリナルの年央恩恵箱は貰えなくなった(年央恩恵箱はデイリークエストの報酬になるため)。しかし、それぞれのチュートリアルクエストを完了すると3,000APが貰えて、3つとも完了すると合計9,000APが貰えるようになった。
    • アップグレードした砦の壁を305,000 HPから410,000 HPに増加
    • 通用口の建物を作り直して、攻城兵器の展開により役立つ足場に変更した。また、この足場が破壊されるまで、砦の壁をダメージから保護する。
  • マイルゲートと橋
    • 破壊可能な橋は、破壊不可能な橋と比較して若干引き伸ばされている。
    • 攻城兵器の展開を支援するため、マイルゲートと橋周辺の地形を若干調整
    • 以下の建造物を移動して、攻城兵器による影響をより正確にした。
      • Ash(アッシュ)のマイルゲートを南へ移動した。
      • Alessia(アレッシア)橋を北西に移動した。
      • Niben(ニベン)橋(ニベン川の第2の橋)を北に移動した。
      • Weynon(ウェイノン)のマイルゲートを西に移動した。
    • 攻城兵器がより正確であることを保証するため、Chalman(チャルマン)のマイルゲートの南側を若干調整した。
  • 基地
    • シロディールへ3つの新しい基地を追加
      • Winter's Peak Outpost(ウィンターズピークの基地)、Harlun's Outpost(ハルルンの基地)、Carmala Outpost(カーマラの基地)
    • これらの基地は、それぞれDragonclaw(ドラゴンクロー)、Drakelowe(ドレイクロウ)、Brindle(ブリンドル)を経由して、砦の転移ネットワークに接続された。
  • 攻城兵器
    • Bruma(ブルーマ)、Cropsford(クロップスフォード)、Vlastarus(ヴラスタルス)の街が、それぞれDragonclaw(ドラゴンクロー)、Drakelowe(ドレイクロウ)、Brindle(ブリンドル)を経由して、砦の転移ネットワークに接続された。
    • キャプチャー可能な街の復活地点へ陣営の衛兵を配置した。
    • クロップスフォードの飛び地の旗はよりよく守られ、いくつかの建造物が補強された。
    • ヴラスタルスとブルーマの復活地点をアップデート
  • バトルグラウンド
    • 全体的な試合の質を向上させるため、バトルグラウンドのマッチメイクをいくつか調整して、順番待ちの時間を大幅に短縮した。
    • バトルグラウンドの最終スコアにおいて、3つのチーム間で2つの同点スコアがあった場合、参加者全員がデイリー報酬を貰えるようになった。
      • 上位2チームのスコアが同点の場合、両チームが共に1位になって下位チームは2位になる。
      • 中間2チームのスコアが同点の場合、両チームは共に2位になって上位チームは1位になる。
      • 3チームすべてのスコアが同点の場合、すべてのチームは2位になる。
      • いずれの同点ケースの場合でも、スコアが0のチームを除いて、全3チームのすべての適格なプレイヤーはデイリー報酬が貰える。
    • Divine Guardian(聖なるガーディアン)とChaos Champion(カオスチャンピオン)のメダルは、より低い閾値で獲得できるようになった。

その他